簡単に風俗に行く方法

真剣にシチュエーションを考えている

気軽に遊べるものなのは良く分かっているんですけど、ただ自分にとっては気軽じゃないというか子供がいるんです。結婚もしています。そんな自分にとって風俗というのはとても貴重なものであると共に、シチュエーションを考えなければならないものでもあるんですよ。というのも、やっぱりバレたら大変なんです。遊ぶのであれば絶対にバレてはならないだろうとの気持ちがありますので、そこを自分なりにどのように消化するのかが、自分にとって風俗との付き合い方そのものなんですよね。だから自分の中で風俗で遊ぶ際、気を付けているのはやっぱりシチュエーションなんですよ。遊んでバレないシチュエーションなのかどうか。これがとても大切だし、仮に気持ち的に前のめりになって風俗で遊んでバレてしまったら元も子もないじゃないですか。それはもはや洒落では済まないというよりも、離婚を切り出されても仕方ないレベルの話だと思いますので、そうならないよう気を付けています。

お客。それに尽きる

女の子と遊べるとはいえ、風俗はあくまでも「お客」なんです。つまり、相手がおもてなしをしてくれる側であって、完全に対等な関係ではないんです。かといってそこは風俗嬢もプロです。サービス感を出し過ぎると男があまり盛り上がらないと言うことをよく分かっていますので、その塩梅は上手ですよね(笑)どうすれば男があまりサービスだと感じないで、それでいて面白いと感じてくれるのかを考えてくれているのでいつも楽しいです。お客という立場で楽しめるのはやっぱりありがたいじゃないですか(笑)出会い系サイトとかマッチングアプリではお客ではなく、対等な関係で女の子と接しなければならないのでどうしても男の方が下手と言うか、恋愛では女性上位じゃないですか(苦笑)だから男が頑張る側になっちゃいますけど風俗では違うんです。だから思うんですよ。風俗さえあれば自分は十分かなって。恋愛したいんじゃなくて性的に楽しみたいだけなので風俗でいいんです。